外断熱工事

外断熱工事
建物の高断熱、長寿命、快適性を省エネに実現

外断熱システム(パッシブウォール)は「透湿タイプ」「通気層タイプ」の二つの工法がある外断熱システムです。外壁の高断熱化、長寿命化、室内の快適性の向上など様々なメリットをもたらします。

外断熱システム(パッシブウォール)

パッシブウォール(透湿タイプ)

アクリル樹脂をベースとした耐久性・意匠性に優れ高品質な外断熱システムです。 経済性においても欧米の透湿理論・システムに基づいて国内で研究開発を行い、材料・物流に対して最適なご提案を行えるようにいたしました。

性能・仕様

項目 仕様・性能
断熱ボード 材質 ビーズ法ポリスチレンフォーム
密度 15.5±0.5kg/m3
熱伝導率  0.037±0.002W/(m・K)以下
透湿率 4.9±0.4ng/m・s・Pa
規格 JIS A 9511
接着剤 材質 アクリル共重合再乳化樹脂(セメントプレミックス)
接着強さ 引張試験(*) 平均値1.45N/mm2 (コンクリート面)
        平均値0.33N/mm2 (断熱ボード面)
規格 JIS A 6916
ベースコート 材質 アクリル系樹脂改質セメントモルタル
接着強さ 引張試験(*) 平均値1.27N/mm2 (コンクリート面)
          平均値0.33N/mm2 (断熱ボード面)
透湿率 平均値0.31 ng/m・s・Pa
メッシュ 材質 耐アルカリ性グラスファイバーメッシュ
目付け量 160g/m2(標準用) 525g/m2(耐衝撃用)
トップコート 材質 アクリル共重合樹脂水性仕上げ塗材
接着強さ 引張試験 平均値1.03N/mm2 (ベースコート面)
透湿率 平均値1.45 ng/m・s・Pa
規格 JIS A 6909 可とう形外装薄付け塗材

※全て断熱ボード材料破断
※各数値はJIS規格に準じた当社試験結果を示します。

透湿タイプ施工手順

1.下地処理

・躯体表面に付着した油、レイタンスなどは事前に除去してください。
・躯体精度は±3mmにてお願いします。
・必要に応じてシーラーを塗布します。

2.パッシブウォールメッシュ張りおよびレベル出し

パッシブウォールメッシュ張りおよびレベル出し・メッシュを躯体に専用の接着モルタルで先付けします。断熱壁の端部や開口部に沿って、後で断熱ボードをメッシュで巻き込み、重ね張りするためです。
・断熱ボードの張り始めの位置には、水平を保つため受棧を仮止めします。

3.パッシブウォールボード張付け

パッシブウォールボード張付け・ボードに専用の接着モルタルを用いて、右図のように均等に接着材を塗布し、受棧の位置より、下から上へ、中央から左右に割付の上、壁面に破れ目地状に垂直に張上げます。

4.凸凹調整

凸凹調整・ボードを大きい木コテで押さえて、隣接するボードの凹凸を調整し、仮止めカスガイで隙間ができないように張付けます。
・張付け後24時間以上乾燥養生し次工程に進みます。

5.パッシブウォールベースコート調合

パッシブウォールベースコート調合・ベース材にセメントおよび水を1:1:0.1で混合し、ハンドミキサーで数分間練ってください。数分寝かせた後、さらに調整水を添加し、粘土調整を行ってください。

6.パッシブウォールベースコート塗り

パッシブウォールベースコート塗り・壁面に張られたボードの上にベースコートを2mm程度にコテ塗りします。

7.パッシブウォールメッシュ押込み

パッシブウォールメッシュ押込み・ベースコートを塗布した後、表面が乾燥しないうちにメッシュをコテで押込み張りします。
・メッシュの地肌が見えなくなる程度に埋め込むことが大切です。なおメッシュの継ぎ目は必ず100mm重ね張りしてください。
・24時間以上乾燥養生します。

8.シーリング

シーリング・上端部、開口部廻り、入隅、階床部、最下端部などの他部材との接合部は、シーリング材処理をしてください。

9.トップコート仕上げ

トップコート仕上げ・テクスチャーを決定してそれぞれの手順で仕上げます。
※ 詳細はトップコートの仕上げ施工の手引きを参照してください。

パッシブウォール(通気層タイプ)

型枠を固定するセパレータを、 そのままアンカー代わりに利用する画期的な通気層外断熱システムです。施工時間を大幅に短縮すると同時に、タイル・石材など今まで難しかった仕上げが可能になり、様々なファサードに対応できます。

通気層タイプ施工手順

ブラケット 断熱材取付け 樹脂ディスク取付け
1. ブラケット 2. 断熱材取付け 3. 樹脂ディスク取付け
鋼板ディスク取付け ハット型胴縁取付け 胴縁出隅部 補強材
4. 鋼板ディスク取付け 5.ハット型胴縁取付け 6. 胴縁出隅部 補強材
ボード取付け タイル貼付け 目地埋め
7. ボード取付け 8. タイル貼付け 9. 目地埋め

施工事例

新築工事

公務員宿舎 (青森県) 某個人邸(東京都) 杉並区某小学校(東京都) 特別養護老人ホーム「かざこしの里」(長野県)
公務員宿舎 (青森県) 某個人邸(東京都) 杉並区某小学校(東京都) 特別養護老人ホーム
「かざこしの里」(長野県)

改修工事

北海道某大学(北海道) 東京大学(駒場I)学生会館(東京都) 某公営住宅 (神奈川県) 目黒区営上目黒アパート(3棟)(東京都)
北海道某大学(北海道) 東京大学(駒場I)
学生会館(東京都)
某公営住宅
(神奈川県)
目黒区営
上目黒アパート(3棟)(東京都)
 
ご相談・お問い合わせはこちらへ

TEL、FAXでのご請求/お問い合わせ (平日:9:00~17:00)
野原産業エンジニアリング株式会社
TEL:03-3357-3141 FAX:03-3353-3178

ページトップへ

Link ideas. Build future.
思いをつなげ、未来をつくる。

野原ホールディングス株式会社

〒160-0022
東京都新宿区新宿一丁目1番11号 友泉新宿御苑ビル

グループ会社一覧野原グループ