野原産業エンジニアリング 庄司 晴香

環境建材事業部 庄司 晴香(2014年入社)

自らの提案がカタチになる
建築や空間の仕事を続けていきたい

野原産業エンジニアリング 庄司 晴香(2014年入社)

建築というチームプレーのモノづくりにあこがれ 営業職を希望

学生時代、6年間女子ソフトボール部に所属していました。ソフトボールを通じて、一つの目標に向かって、全員が同じ方向を向きがんばるということが素晴らしいなと思っていました。また、大学時代はデザインや建築について学んでいたので、チームプレーで一つのモノを作り上げる建築物に携わりたいと就職活動をしていました。
ノハラは自社製品から他メーカー品まで、幅広い製品を扱っていることから、お客様の建築物に対して、多様な提案ができるというところに魅力を感じました。
また、自ら最前線で空間の提案をしたかったので、総合職(営業職)を希望していました。最終的な決め手は社員の方の対応でした。私の話を真剣に聞いてくださり、女性を大切にしている会社だと感じ、ノハラで働きたいと思いました。

商社というよりはメーカー的に自社製品を提案できる部署で仕事

庄司 晴香の写真1所属部署は環境に配慮した建材群の販売をしていて、私はその建材を設計事務所様などに提案する営業担当です。自社商品を多く扱っているため、商社というよりはメーカーという立場です。材料の販売だけでなく、工事まで請け負うこともあり、自分の提案が形になり、採用された時に達成感とやりがいのある仕事です。
会社としても新規事業の部署のため、お客様が新規取引の場合が多く、商品の説明から見積もり対応まで、より丁寧に接することが求められます。他部署とのやりとりも多いので、社内外関係なく様々な世代の方と話す機会が多く、苦労しますが、自分の関わった製品を街中で見かけると嬉しくなります。

問題点を一緒になって解決してくれる上司や先輩

庄司 晴香の写真2今の仕事では「理解した上で仕事する」をモットーにしています。まだ社歴が浅く、理解できないことがあったとしても、分かるまで聞いたり、考えたりすることを意識しています。上司は忙しい時でも、時間を作ってくれ、問題点を一緒になって解決してくれます。わからない時には図面や画を書きながら理解するまで丁寧に教えてくれるので、とても心強いです。
研修制度も充実していて、一般的な新人研修の他に、建築の業界知識を得るための専門的な研修まで整備されていて、普段の業務では経験できないことについても学べる環境はとてもありがたかったです。
社内には、自分の考えや意見を言いやすい雰囲気があり、女性にも優しいので働きやすいです。
これからも自らの手で携わった建築や空間など形に残る仕事を続けていきたいです。

一日の流れ

8:40 出社(掃除、ラジオ体操)
9:00 1日の流れを確認して、メールチェック、問い合わせ対応、カタログサンプル送付、共有フォルダへの打ち込み、電話対応など
*電話でアポが取れたときは自社製品を持って、商品説明に行くこともある
12:00 お昼(同じフロアの同期と外食)
13:00 見積り作成
*図面を見ながら価格表を元に作成し、上司に相談しながら、見積り提出
18:30 退社

オフの日の過ごし方

運動、リフレッシュのため、週に3回くらいは仕事終わりにジムに行っています
土日は外出することが多く、買い物・東京観光・映画館など、その日の気分で決めています。長期休暇のときは、実家に帰ってゆっくり過ごします。旅行に行くこともあります。

ページトップへ

Link ideas. Build future.
思いをつなげ、未来をつくる。

野原ホールディングス株式会社

〒160-0022
東京都新宿区新宿一丁目1番11号 友泉新宿御苑ビル

グループ会社一覧野原グループ