TOPICS

~働きやすい環境づくりのために~
アンケート調査から読み解く
コミュニケーションを取りやすいオフィスの特徴とは?

製品・サービス情報2019/07/25

壁紙ブランド「WhO(フー)」を展開する弊社は、働きやすい環境づくりをサポートするため、全国20代~30代のオフィスで働く男女を対象に「若手社員が望むオフィススペース」に関するアンケート調査を実施しました。


【調査概要】 若手社員が望むオフィススペースに関するアンケート
【調査期間】 2019年7月3日(水) ~ 2019年7月4日(木)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,114人
【調査対象】 全国20代~30代のオフィスで働く男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


“働き方改革関連法”が2019年4月に施行され、約3ヶ月が経ちました。
就業時間を通常よりも短くする「時短勤務」や子育てをする社員の仕事との両立を支える「育児休業・育児休暇」、柔軟な働き方を可能にする「フレックス制度」など、企業はさまざまな取り組みをしています。

働き方改革が社会に浸透してきている中で、今後若者に選ばれる企業になるためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

アンケート調査からは、若手がオフィスに求めるものとして、「コミュニケーション」と「オシャレなデザイン」にまつわるものが大半を占めることがわかりました。
働く上で重要だと思うこと第1位は「コミュニケーション力」!


働く上で重要だと思うこと


社内環境でコミュニケ―ションを取るスペースは重要だと思いますか?


そして、オフィス内のコミュニケーションスペース、会議室、執務室のいずれにおいても、コミュニケーションが取りやすい明るい空間へのニーズが高いという結果が得られました。(詳しくはリリースPDFをご確認ください)

壁紙でオフィスの雰囲気が早変わり

壁紙は制限の多いオフィスビルでも取り入れやすく、空間における面積割合が広いので、簡単にオフィスの雰囲気を変えることができます。

これからの時代を担う若手社員にとって働きやすい環境を作り、若手社員から選ばれる企業になるためにも、壁紙ブランド「WhO」の多彩なデザインで、オフィスのデザインや雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。


リリースPDF
壁紙ブランド「WhO」公式サイト


【本リリースに関する問い合わせ先】
野原ホールディングス株式会社
社長室(担当:齋藤、中島)
TEL:03-6328-1576

ページトップへ