TOPICS

野原産業株式会社
上品な安らぎ空間と間接照明へのニーズに対応
間接照明ユニット「N-PITA(エヌピタ)」を10月中旬より新発売

製品・サービス情報2019/10/08

野原産業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 孝幸)は、間接照明造作工事を省力化・簡易化できる組立済の間接照明ユニット「N-PITA(エヌピタ)」を2019年10月中旬より本格発売いたします。

設置イメージ


マンションの共有廊下


オフィスの応接室


マンションのエントランス


現代人の生活スタイルの変化、インバウンド客の増加等を背景に、上品でおしゃれなリラックス空間を演出するインテリアの一部として、間接照明へのニーズが高まっています。

内装工事に使われる建材を広く取り扱う野原産業では、近年、意匠性の高い間接照明へのニーズが多くあるものの、従来工法では金型の土台への設置に時間がかかるうえ仕上精度を出すにも熟練技術を要するため、高齢化・人手不足問題を抱えながら週休二日制の定着、時間外労働の上限規制など働き方改革にも対応が迫られる建設現場では、苦慮するケースが少なくありませんでした。

「N-PITA(エヌピタ)」は、野原産業が、間接照明の造作に必要なボードや下地をワンパッケージで提供する間接照明ユニットです。

私たちは、ホテル、商業施設、飲食店のほか、一日の活動を終え疲れて帰ってくる住人に安らぎを感じてもらう演出のひとつとして、マンションのエントランスやエレベーターホールでの普及を目指します。


「N-PITA(エヌピタ)」の概要 ~簡単施工と安定品質を実現~

野原産業の「N-PITA(エヌピタ)」は、壁や天井材に多用される石膏ボードを成型し、スチールチャンネルや極薄の亜鉛鉄板と組み合わせてパッケージ化しているので、現場での取付けはビス留めだけの簡単施工で、間接照明の土台が完成します。人手不足と長時間労働が課題の建設現場をラクにできる商材です。

概要

【製品名】間接照明ユニット「N-PITA(エヌピタ)」
【ラインナップ】N-PITA チャンネル(NPC)、N-PITA スチール(NPS)
【発売時期】2019年10月中旬
【製造発売】野原産業株式会社

特長

1.石膏ボードと下地材をユニット化し成型
2.現場での取付けはビス留めだけの簡単施工
3.間接照明設置工事によく用いられる型状の2種類に限定したラインナップ

現場のラクチン効果

・間接照明の造作材手配がシンプルに
・現場での端材廃棄量を削減
・施工時間は、従来工法の10分の1
・熟練技術なしでも、安全に工事品質を維持
・工期短縮


資料

リリースPDF
間接照明ユニット「N-PITA(エヌピタ)」説明PDF


「N-PITA(エヌピタ)」に関する問合せ先

野原産業株式会社
首都圏第一ブロック
担当:高橋(拓)、佐倉、工藤
TEL:03-3355-4198 / 03-6316-3695

ページトップへ